自主製作映画I.D.K.PICTURES

I.D.K.THEATER vol.1 「K ACE OF SWORDS」

ACE OF SWORDSのワンシーン 上映会風景

<DATE>1998.6/14 14:30開映  <PLACE>スペース三軒屋  <CHARGE>無料


記念すべき"I.D.K.PICTURES"初の上映会です。ほんとにものすごく緊張しました。
98年のこの頃はすでにシリーズ第二弾の「K・THE SECOND CHAPTER」の編集が大詰めに差し掛かったところで、初のオリジナル主題歌に"AI-SEE"の「ABNORMAL」が決まり”これなら人に見せられるだろう!”と勝手に自信を持って(常に最新作がベストと思う傾向にあるので)”これじゃぁ前作なんかもう見れたもんじゃないなぁ!”という心境だったのですが、さすがに
お客さんにPART2から見せるわけには行かないと、予定外でしたが思い切ってこの作品の上映に踏み切りました。上映中、気になるシーンに何度も頭を抱えました。アンケートの回答がが恐ろしくて仕方ありませんでした。そんなどきどきのアンケート結果(抜粋)を下記に掲載しました。

ー演出についてー
・殺し屋という恐さがあまり感じられませんでした。
  • ・カット割が良かった。でも、もっと引きの絵がほしい。
  • ・アクションが練習不足。
  • ・役者の衣装に工夫がほしかった。
  • ・良かったが、テレビっぽい。
  • ・カット切り替えの間がもう少しほしい。
  • ・見ている人を期待させるカットが上手。
  • ・照明の具合が悪すぎる。メイクも問題あり。
  • ーストーリー、脚本についてー
・最後まで話に裏があり、とても面白かった。
  • ・時間の割に話を詰め過ぎでは?
  • ・工夫があって、長いのに飽きなかった。低予算で出来る脚本を書くのがすごい。
  • ・次に何が起こるかという期待感があって良かった。
  • ・意外な展開が続いて面白かった。
  • ・セリフに”ぜ”が多いのが気になった。
  • ・話の内容、構成すごく良かった。
  • ー出演者についてー
  • ・うまいとへたの差があった。
  • ・表情の変化が分かりにくい人がいた。
  • ・目に落ち着きの無い人がいた。
  • ・吉良が一番役をつかんでいた。
  • ・主役の三人が役にはまっていた。
  • ・水上さんうまい。
  • ・一部役と違う職業に見えた人がいた。
  • ーその他ご自由にー
  • ・イスが小さくておしりが痛かった。
  • ・音がきれいに入っていた。

記念撮影